宙の空想食堂

映画や絵本などの物語に出てくるお料理や雑記

箸休めに物語を。

 

いらっしゃいませ。

宙の空想食堂へようこそ。

 

こんにちは。宙と申します。ここは映画や絵本などの物語に出てくるお料理や、をトッピングしたお料理が出てくる食堂です。たまに店主のひとりごとが聞こえてくるかもしれません。どうぞくつろいでゆっくりしていってくださいね。

 

本日は箸休めに短編小説はいかがでしょう。

不躾かと思いますが、感想等いただけましたらとてもとても嬉しいです。

 

f:id:kikze:20170724000614j:plain

 

『仕事を終えたあとは』

 

 

 吉村とはカフェで知り合った。浅草にあるそこのカフェにはひとり、器量が良い上に文学的教養のある珍しい女給がいて、彼女目当てにいろんな作家や芸術家が出入りした。

 思えば好奇心の旺盛なその女給が客たちと交流しているうちにその教養を身につけたのだと考えれば彼女の存在は不思議ではなかったのかもしれないが、その珍しさはたちまちカフェの顔になった。私はただ帰宅の便がよいからという理由でそこのカフェに通っていたが、吉村は、その珍しい女給を眺めるでも話しかけるでものなく、ただひとりでぼんやりとしている私が気になったらしかった。どう話しかけられたかはいまひとつ覚えていないが何となしに馬が合い、休日には一緒に活動写真や芝居を観にいったりするようにもなった。

 

 吉村と一緒に過ごすと笑いが絶えなかった。文学や芸能といった種の娯楽に造詣の深い吉村は、酒や女の話ばかりする同僚と話題が合わないらしく、私に会うと週末に読んだ円本や活動写真などの感想を喜々としてひたすら話し続けた。吉村ほどの詳しくはなかったが、私もそういった娯楽は好きであったので、私が吉村の話に一応ではあるが、ついていけることに吉村は喜んだらしかった。そのうち段々と私も吉村のようにその類の娯楽に投資をするようになっていった。

 

 吉村は笑うと目元が崩れた。よく笑う吉村の穏やかな雰囲気は彼が所帯持ちであることを匂わせたし、事実彼は細君の話をよくした。だから初めからこれが、叶わぬ恋であることは解っていた。思慕を抱いてはいけないひとだと最初から解っていた。きっと私が心の強い人間だったならよかったのだろう。

 その日は、仕事終わりに吉村と洋食屋にオムライスを食べに行っていた。そこのオムライスはケチャップソースが美味しいと最近話題になっているお店だった。新しいものや話題のものに目がない吉村が行こうと誘い、軽い気持ちで名物のオムライスを頼んだが、これが驚くほど美味しかった。

 真っ赤なチキンライスをぺろりと巻いた薄い卵。その黄色い丘に並々とかけられたケチャップソースには、煮込まれて型崩れしたトマトが爽やかな朱色のソースの中にごろごろと身を並べていて、そのトマトの食感とソースの絶妙な酸味は、なるほどこれは話題になると思わざるをえなかった。

 オムライスに舌鼓をうちながら流行りの円本の話を取り留めもなくしていると、急に吉村は目尻に皺を寄せ、口元をほころばせた。

「頻繁に一緒にいて、ここまで心地の良い友に会ったことはない」

目の前が真っ暗になり、私は闇に突き落とされた気がした。吉村の言葉は私にとってこの上なく嬉しい言葉だった。社交的な吉村は誰とでも親しげに話すことができるが、特定の親しい人を作ることは苦手であることをなんとなく感じていた私は、吉村にそっと心の扉を開いてもらったような、静かな喜びを感じた。

 しかし一方私は吉村に「友」と呼ばれたことに、傷ついている己の心に気が付いた。そして吉村に愛され、吉村の傍にいることを世間に認められている吉村の細君を羨ましく思った。そのときにこれはもう好きになってしまっていると自覚せざるを得なかった。彼に、理性で抑制できなかった友情以上の感情を抱いていた。

 

 吉村への気持ちを自覚するだけでも十分私にとっては苦しい決断であるのに、素知らぬ顔で吉村は追い打ちをかける。眉を下げてことある毎に「ああ良き友をもった」と私に微笑みかけるのだ。

 

 それまでの私は、愛というものに非常に冷淡になっていた。目に見えぬものを求め、すがり、探す者たちを腹の底で嗤っていた。例え愛が手に入ったとしても、それは永遠を確証するものではない。いつ、その愛が離れてしまうかわからない、他人の感情という不確実なものに心の拠り所を作ってしまうなど、恐ろしい阿呆に見えた。

 それはもしかすると以前の失恋の痛みによるものかもしれなかった。何度も互いの好意を確かめ合い、これこそが真実の恋愛ならびに愛、と大切に心のふところで抱え込んでいたのに、向こうは急に衣をひるがえしてさっさとお見合い結婚をし、私との縁を絶った。「恋人」ではなく、「家庭」や「子ども」というものが欲しくなったのだという。安心して心をさらけ出していた分、この失恋はとても痛かった。一度思いが届いた者がいつのまにか離れていったすっぽりとした淋しさだけではなかった。これから先もずっと一緒に過ごすひとだからと勝手に心を開いて、相手も同じように自己開示をしてくれていると思い込んでいた、その傲慢さとか、浅はかさとか、愚直さとか、もう何もかもが阿呆すぎて、辛かった。

 どれ程涙が頬を伝ったかはすでに覚えていない。ただ今にも引き裂かれそうな、鮮烈な痛みだけははっきりと思い出せる。そうして次は絶対に他人に心の拠り所をつくる朴訥な人間になるのはやめようと誓った。それなのに、だ。自分がまたその阿呆になることなどいつ想像できただろう。吉村の愛がほしいと戯けたことを思うようになるなど、いつ想像できただろう。あの日以降馬鹿にするようになった阿呆に近づいていくのが自分でもありありと感じることができた。それもすべて恋の谷に突き落とした吉村のせいだ。男同士の恋など許されるものではない。それなのに、理性で感情を制することができなくなったのも、すべてすべて、吉村のせいだ。

 

 

 

 

 

店主.宙

チキンを焼いた。しかしチキンの話題ではない。

 

いらっしゃいませ。

宙の空想食堂へようこそ。

 

こんにちは。宙と申します。ここは映画や絵本などの物語に出てくるお料理や、物語をトッピングしたお料理が出てくる食堂です。たまに店主のひとりごとが聞こえてくるかもしれません。どうぞくつろいでゆっくりしていってくださいね。

 

今日はパリパリチキンでございます。

 

f:id:kikze:20170722223910j:plain

 

甘辛いタレにじっくりと漬け込んだ手羽元をオーブンでパリパリに仕上げました。低温で焼き上げたので肉は柔らかく、こんがりとした食欲を誘う香りが特徴的な一品です。ぜひお召し上がりください。

 

このパリパリチキン、フォルムも香りも味付けもばっちり食欲を誘うさいこーな料理だと思う。

2017年下半期、私もこのパリパリチキンのようになりたい。それは美味しそうな見た目になりたいということでも、こんがり日焼けをしたいということではない。

外見指数と、文化的資本の向上に努めてさいこーな女性になりたいということである。砕いて言うなら、外見も中身もオーラも磨くぞ!ということである。

 

その具体的な目標として。

【外見指数】

現状としては筋力がなく、ぽちゃりとした体型が特徴的である。筋力の向上によって引き締まった体を目指す。

 

【文化的資本】

忙しさにかまけて以前より格段にカルチャーに触れる機会が減っている。瑞々しい感性を持つ女性になりたいので、インプット、アウトプットを積極的に行い、感性の錬磨を怠らない。

 

といったものだろうか。

それを達成するために、といったものも紙にまとめた。

達成できた自分を想像するとわくわくする。早速、明日から目標に向かって邁進していきたい。明日からの日常が少し楽しみになった。

 

あなたの2017年下半期の目標はなんですか?

 

 

 

店主.宙

 

さつまいものパイと遺書のススメ

 

いらっしゃいませ。

宙の空想食堂へようこそ。

 

こんにちは。宙と申します。ここは映画や絵本などの物語に出てくるお料理や、物語をトッピングしたお料理が出てくる食堂です。たまに店主のひとりごとが聞こえてくるかもしれません。どうぞくつろいでゆっくりしていってくださいね。

 

本日のメニューはさつまいものパイ、アイスクリーム乗せでございます。

 

f:id:kikze:20170721231131j:plain

 

サクッと焼けた熱々のパイと冷たく爽やかな味わいのアイスクリームがよく合う一品です。

 

このパイを焼く数時間前、遺書を書いた。

と言っても死ぬつもりはさらさらなくって、もし不慮の事故等で私が亡くなったときに家族や恋人や友達になにか感謝の言葉を残して置きたいなと思ったからだ。

 

以前から遺書は書きたかったけれど、自分が死ぬことを想像するのが怖かったり、いざ想像しても涙が止まらなくて中々書くことができなかった。

 

今日、これからのことをちゃんと決めようと考えていた。そして「これからのこと=生きてる」だとは言い切れないなと思い、いい機会だしきちんと遺書を書こうと思い鉛筆を握った。

鉛筆を握るとやはり涙が止まらなくなって、泣きながら書いた。

 

書き終わると、やりたいこと叶えたい夢がこんなにあるのに、死ぬのは嫌だなあと思った。遺書を書いたのに、やりたいことをやるまで生きたいと思った。

 

 

いつまでも生きられない。いつまでも愛するひとたちも生きていない。

遺書を書いたらそういう現実を目の当たりにする。

いつかみんな死ぬ、ということに涙を流しながら死ぬまでにしたいことが見えてくる。ひとは簡単に死ぬ。

たくさん愛を注ごう。

たくさんやりたいことをしよう。

 

 

遺書を書くのはいい。懸命に生きたくなる。

 

 

 

店主.宙

 

『くまのがっこう』よりマッシュポテトとおまめのスープ、あったかミルク。

 

いらっしゃいませ。

宙の空想食堂へようこそ。

 

こんにちは。宙と申します。ここは映画や絵本などの物語に出てくるお料理や、物語をトッピングしたお料理が出てくる食堂です。たまに店主のひとりごとが聞こえてくるかもしれません。どうぞくつろいでゆっくりしていってくださいね。

 

今日のメニューはあいはらひろゆき(文)あだちなみ(絵)の絵本『くまのがっこう』よりマッシュポテトとおまめのスープ、そしてあったかミルクです。

 

f:id:kikze:20170720220531j:plain

 

『くまのがっこう』は11匹の優しいおにいちゃんとおてんばなジャッキーが繰り広げる物語です。

そんな『くまのがっこう』、今年で誕生して15周年!展覧会やイベント、映画など企画が目白押しです。

 

そのシリーズ第1作目に出てくるお料理がこれ。みんなで作る給食。みんなと言ってもジャッキーは手伝わないで隠れて何か食べてる…ような…。笑

 

 

「手伝う」といえば。

 

家事を「手伝う」と言うと家事分担と言っても、自分主体で家事をしようとしていない姿勢が見えるよね、というお話。

言動でその人の考え方や今までの在り方がよく見える。それが言葉の面白いところだと私は思う。特にそれがわかりやすいのは人称代名詞の使い方ではないだろうか。

 

「私」ばかり使う人は自己顕示欲が強い。共感能力が欠落していることが多く、「辛いんだ」という言葉に「私の方が辛い」と返しがち。そうしていつの間にか話題を全て自分にすりかえてる、ように思う。

 

「世間」とか「みんな」とか「先輩」ばかり使う人は虎の威を借る狐が多い。これらは実態のよくわからない(誰と、簡単に特定しにくい)人称代名詞だが、不特定多数の印象があるゆえに、その存在感は大きい。それをよく使うひとは責任を自分で背負わない(よくわからない大きいものに背負わせる)、さらにそういう言い方で相手をコントロールしようとするズルさがある、気がする。

 

一概に当てはまるひとが全てそう、というわけではないかもしれないが、私の周りでそういう人称代名詞を多用するひとは上記のような特徴がある気がした。

ひとの外見だけじゃなく、言葉に注意を払うのも楽しい。その人の人間性が垣間見れるから。

誰かが「言葉は知性のお洒落」と言っていた。

とても素敵な言葉だと思った。

 

 私は今日も素敵な言葉を身に纏いたい。

 

 

 

 店主.宙

 

よく冷えたビールと夏と。

 

いらっしゃいませ。

宙の空想食堂へようこそ。

 

こんにちは。宙と申します。ここは映画や絵本などの物語に出てくるお料理や、物語をトッピングしたお料理が出てくる食堂です。たまに店主のひとりごとが聞こえてくるかもしれません。どうぞくつろいでゆっくりしていってくださいね。

 

 

今夜は関西の梅雨も明けましたことですし、夏へ乾杯!ということでビールをどうぞ。

 

f:id:kikze:20170720000113j:plain

 

(これは、以前東京に立ち寄った際のビールです)

 

この前、久方ぶりに生ビールを飲んだらあんまりに美味しくてびっくりした。

暑さのせいだろうか。キンキンに冷えたビールの爽やかなのどごしは夏バテした体に心地よかった。

 

梅雨が明けた。今年もまた夏がやってきた。

今年も、好きな人たちと夏を迎えられてよかった。たまに、というか結構な頻度で、好きな人たちを失うことを想像する。今、一緒にいられる幸福とありがたさが、身に染みて心が少し痛い。

好きな人というのは家族だったり、恋人だったり、友だちだったりするのだけど、私は手遅れになる前に好きな人たちにいっぱいいっぱい愛を注ぎたい。好きな人たちとずっと一緒にいれるなんてあぐらをかいてる場合じゃない。喪失体験はいつ起こるかわからない。

 

今年も好きな人たちと一緒に夏を迎えた。

きっとさいこーな夏になる。

さあ、夏に乾杯しよう。キンキンに冷えたビールをかかげて。

 

 

 

店主.宙

 

 

 

ずんだ風ミルクセーキと泥沼に落ちた思考たちへ。

 
いらっしゃいませ。
宙の空想食堂へようこそ。
 
こんにちは。宙と申します。ここは絵本や映画などの物語に出てくるお料理や店主の創作した物語がトッピングされたお料理が出てくる食堂です。たまに店主のひとりごとが聞こえてくるかもしれません。どうぞくつろいでゆっくりしていってくださいね。
 
本日はずんだ風ミルクセーキです。

f:id:kikze:20170718224340j:plain

 

茹でた枝豆と牛乳とお砂糖とバニラエッセンスを適当にミキサーにいれて、ホイップを絞ったら結構濃厚なずんだ風ミルクセーキが美味しくできた。

 

最近仕事観がぐらぐらぐらぐらしている。

何をやりたいのか、どうしていきたいのか、好きなものはなにか。

どれをどうやって選択すればいいのか分からなくて、思考が泥沼に落ちていく。いや、本当のことをいうとやりたいことは自分ではっきりわかっている。

しかし自分より上手なひとがいっぱいいて、中途半端な自分が「嫌」になる。

「嫌」という表現は適切ではない。

きっと、この気持ちは悔しさや哀しさややるせなさなんかが混濁した気持ちなのに「嫌」というひとつ言葉で自分の気持ちさえも粗雑に表現してしまっている。

 

『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』を読んだ。

気持ちの言語化が上手くて、筆者の考えや気持ちがストンと胸に落ちる。

 

友人の書いた掌編小説を読んだ。

繊細で鋭い表現に息をのんだ。

 

好きなこと、やりたいことはいっぱいある。しかしそれらはみんな基礎がすっかり抜けていて、余りにぐらぐらとしている。私に必要なことは基礎からしっかりと組み立て直すことだ。

中途半端な自分が「嫌」だけど、抜け出すためには勉強しかない。足りないものをひとつひとつ手に入れていくしかない。

 

余りに初歩からのスタートだが、やるしかない。だってこれが私のやりたいことなんだ。

こうやって書き出してみるとわからないと思っていた気持ちがわかってくることがある。

気持ちを文章化してみると、散らばっていた思考が収束することも少なくない。

もし、やりたいことがわからない、どうしたらいいのかわからない方がいらっしゃれば、一度気持ちを文章化してみるといいかもしれない。

 

私の人生、私が責任を持って幸せにする。

そのために自分のやるべきことを見つけるんだ。

 

 

店主.宙

 

 

『ぐりとぐら』よりカステラ

 

いらっしゃいませ。
宙の空想食堂へようこそ。
 
こんにちは。宙と申します。ここは絵本や映画などの物語に出てくるお料理や店主の創作した物語がトッピングされたお料理が出てくる食堂です。たまに店主のひとりごとが聞こえてくるかもしれません。どうぞくつろいでゆっくりしていってくださいね。
 
今晩は中川李枝子作、山脇百合子絵の絵本、『ぐりとぐら』よりカステラです。

f:id:kikze:20170717233210j:plain

 

レシピは福音館書店の公式サイトを参考にしました。

「ぐりとぐら」のカステラをつくろう!|福音館書店

 

双子のねずみ、ぐりとぐらのセリフにこんな言葉がある。

「ぼくらの なまえは ぐりと ぐら このよで いちばん すきなのは おりょうりすること たべること ぐり ぐら ぐり ぐら」

 

本当に可愛らしい絵本で大人になって読み返してもほっこりとする。

肉体的に、精神的に追い詰められているときはなかなか「ほっこり」を自分で作ってあげられない。そういうとき、どんどん狭量になってしまったり、なんだかいらいらしたり、 気持ちが常に焦ったりしてしまう。

 

「あ、いつもとなんか違うな」ということに気が付いたら少し立ち止まってほしい。きっとそれは心からのサインだから。心や身体が追い詰められているときは、なんとか外部と自分との摩擦係数を減らそうとして逆に磨耗している状態で、意識が外に向いている。だから心のsosに気づきにくい場合があるかもしれない。

しかしそれは食に表れることもある。暴食、食欲減退、味覚異常等。

 

見えない心の状態を知ることができるのだから自分の食を一度見つめてもいいかもしれない。そんな食を楽しむことは日常の些細な心の変化に気付きやすい状況を作るということ。

自分を大切にしてね。外に意識を向けるのもいいけれど、たまには自分ととことん向き合う休日もまたいいのかもしれないよ。

 
 店主.宙