平穏の片隅

哀しみをかかえて生きていく。